雑感

◎さて、こちらの日記再開したいと思います。

小説の方は勢い復活しました。つらつら考えるに5分野(①小説、お笑い小噺②イラスト、漫画③作曲)回していると、小説の方も5分の1しか書けません。イラスト、漫画は暇つぶしですから良しとして、作曲は頭が作曲モードに入りますので当面中止です。

やはり1点突破とするならば当面小説に力を注ぐべきでしょう。こちらが一番形として残りやすいですからね。また、一番技術的に上のレベルにあります。

後の分野はほどほどに。

 

◎ウエイトトレーニングは3頭に刺激を入れるならば腕立て伏せでは弱いです。

やはりディップスを復活させました。アームカールとディップスを続けてすると

腕回りが39.5cmになりました^^。コールドはもっと細いですが。

ディップスをすると胸が大きくなるのが難点です^^;

上半身の力というのは案外腕力が関係してきますからね。

押す力は大胸筋というよりも臀部やハムからぐっと押す方が効率的です。

 

◎ダイエットは再びストリクトに取り組みます。

オートミールをしっかり食べて(一食30グラム×2,3回)空腹感を抑えます。

 

◎創作活動の方は再び小説メインに戻します。イラスト(ものや建物のデザイン)はまずまず完成しましたからね。漫画は暇つぶし。アートデザインは気が向けば。

お笑い小噺は適当に。作曲はどんどん出来て止まらなくなるので休止。

やはり小説が一番です。こちらは週一更新で年間50本が目標ですが、

週2更新ですと年に100本書けます。そうすれば2年で一冊分です。

50~60歳までに最低2冊分、できれば5冊分が仕上げて作品に相当のヴォリュームを

付けたいです。小説というのは、流行、大衆小説、純文学、ハーレクィーンのような恋愛小説、ラノベ推理小説など読み手の好みに合わせて様々なジャンルがあります。

つまり、すべての人に好まれたり認められなくてもいい訳です。そういった意味、自分のスタイルでコツコツ書いて行く事が大切です。

 

◎今日は快調で小説を7編も書きました。2週間以上更新がなかったのが嘘のような怒涛の快進撃です。ここら辺が面白いもので、頭のモードの切り替えといいましょうか。

毎日1本とはいきませんが年間100本も不可能ではありません。それならば10年で5冊分書けます。既に一冊分書いているのを予備としてトータル5冊を60歳までに書ければかなりのボリュームです。トータル1000編ですからね。作曲はこれは一人で

作業をしていても仕方がありません。ある程度編曲能力のある人との共同作業がベターです。絵の方は一コマ漫画はほぼ趣味になります。モノや建物のイラストデザインはこれはこれで一つの作品といえましょう。世界各国の代表イラストという目標があります。台湾(パイナップルケーキ)、アメリカ(ルート66の看板)、中国(小籠包)、

タイ(レッドブル)、日本(桜餅)、ベトナム(生春巻き)、イタリア(ピザ)、イギリス
(紅茶)、オーストラリア(ベジマイト)、メキシコ(サボテン)、まあこうったところでしょうか。少しひねりを入れますので必ずしもその国の人が思うものとは違います。まあ、イラストにしやすいので食べ物が多くなりますね。。
 
◎小説も表現が文法的にもイマイチな所はだいたい編集者が直します。
新人作家などは原稿用紙が真っ赤になって返ってきます。作曲も一人では無理ですが、イラストも線がどうしてもプロとは違いますから、描いた作品をプロのイラストレーターにもう一度トレースしてもらう必要がありますね。こうすると外枠の線が綺麗にプロ仕様になります。