8月14日

◎さて、作曲の方もぼちぼちと再開しました。日中作曲、夜は音楽鑑賞でいいでしょう。ミュージシャンと音楽鑑賞家は違いますからそこら辺が難しい頭の切り替えどころです。音楽鑑賞家はどんどんとCDを集めたり、ダウンロードするのが趣味な人です。一方、ミュージシャンは好きなCDを何度も何度も聞いてそして自分でギターを手に取り創作活動に入ります。もちろん、ある程度の段階で新しい音楽に触れる事も大切でしょう。

これは作家と批評家との関係にも同じことが言えます。批評家と言うのは文学趣味でどんどん小説を読み込んでいきます。一方、作家は最低限の量の小説を読む事は必要でしょうが、あとは肉体労働に従事したり夜の街で働いたりして人生を知るものです。まあ、私は普段小説は読みませんけどもね。